パワーコーティング | 河内長野 富田林 iPhone修理|データ復旧|中古携帯買取販売「e-forum河内長野店」
河内長野 富田林でiPhone修理、中古携帯買取・販売、データ復旧と言えば「e-forum河内長野店」!液晶パネルやバッテリー交換も、プロスタッフで安心!

パワーコーティング

  • HOME »
  • パワーコーティング

パワーコーティング

パワーコーティングなら厚さ0.01ミリでスマホの画面を強化コーティング

保護フィルムよりキレイで強い!

パワーコーティングは、厚さ0.01ミリの特殊コーティング剤です。

スマホの画面を傷、ホコリ、指紋などの皮脂、それに電磁波もカットしてくれる優れものです。

汚れにくく、さっとひと拭きで簡単にきれいになります。

一般的なコーティング剤や何もしていない状態だと、 拭いてキレイになったように見えて、実は油膜が残っていることが多いことをご存知ですか。

パワーコーティングは油膜も残りにくいのでいつでも清潔で美しい状態を保ちます。

PC硬度テスト結果高硬度8Hで、鍵などの擦りキズからスマホを守る!

パワーコーティングの表面の硬度は、施工後1週間で驚異の8Hに到達します。

この表面硬度によって、日常の生活で想定されるキズ程度であれば気になりません。

※故意にキズをつけようとしたり、過度な衝撃を与えないでください。

PC電磁波カットテスト結果電磁波を約90%カット!

パワーコーティングは、健康にとっても大事な電磁波防止の効果があります。

人体に悪影響があるかもしれないと言われる電磁波から、できることなら避けたいと感じている方は少ないないことでしょう。

最近の携帯電話は、800Mhz帯の周波数を利用しています。

その携帯電話から発する電磁波をパワーコーティングなら約90%もカットしてくれますので安心です。

PC表面性能テスト結果パワーコーティング表面性能

日常環境、高温、低温、高湿度の環境において液剤の密度、硬度も変わりません。

また、結露、くもりも抑えて、指紋、汚れが付きにくく、付いたものも落ちやすい性質をもっています。

スマホは熱を持ったり、擦れたり、汗や湿気にさらされますが、それらの環境からあなたのスマホを守ってくれるのです。

さらに、保護フィルムでは画面との隙間が生じてしまいますが、パワーコーティングは画面との隙間は一切発生しません。

保護フィルムとの違い

スマホの保護フィルムの場合、どうしても気泡が入ります。

上手に貼るのがとても難しい上、貼っていることがけっこうわかってしまいます。

大きさもピッタリのサイズとはいかず、若干画面とフィルムとの隙間が生まれます。

使い捨てで使い勝手はいいのですが、しばらく使うとどうしても傷が目立ってきます。

保護フィルムは使用しているうちに気泡が出てきます。

パワーコーティングならコート剤を塗るので気泡が全くできません。

他のコーティング剤との違い

一般的なコーティング剤は、フッ素系、珪素系のコーティング剤になります。

一度塗ると光沢も出て、指紋も付きにくくなりますが、長く続かないことが多いようです。

何度も塗る手間に加えて、強くこすった場合など衝撃にどこまで耐えられるか疑問が残ります。

パワーコーティングは、様々な衝撃、こすり傷テストに合格していますので、あなたの大事なスマホを傷から守ることが可能です。

市販の強化ガラスとの違い

市販の強化ガラスフィルムは、どうしても厚さが出てしまい、貼っているのがはっきりとわかってしまいます。

また、軽量とは言ってもガラスはガラス、限界があります。

よくある質問

 

Q.施工時間はどれくらいですか?
A.コーティングの施工は、ほぼ10分程度で完了します。
念のため施工後さらに15分程度は激しいご使用を控えていただいております。

 

Q.効果はいつまでですか?
A.実験結果の数値的には約1年間は効果持続との結果がでております。
しかし、使用頻度が多ければ多いほど摩耗が早く、早い方では約3カ月で効果が切れる場合もございます。
交換(再施工)の目安は”指紋が伸びてきたら”というタイミングになります。
施工直後に比べて、”指紋拭きあげ時の反応”や”光沢感の減衰”に差が出ます。
拭きとりにくくなったときや、光沢感が落ちてきたときが再施工のタイミングとなります。

 

Q.スマホ以外でもコーティングできますか?
A.各種スマホ以外に、iPadやGALAXY-Tabなどの各種タブレット系への施工が可能です。
(※Wifiルーターなど、一部商品は推奨しておりません。詳しくはお問い合わせください。)

 

Q.電磁波は体に悪いのですか?
A.2011年10月WHO[世界保健機関]が”携帯電話を使いすぎると、悪性脳腫瘍になる可能性がある”と認めました。
IH調理具 > 電子レンジ > 携帯電話 という順序で、発せられる電磁波が強いといわれておりますが、前者の2つは体に接することがない製品です。
また、携帯電話は常に体に近い部分に存在しているのでリスクはさらに高いと言われています。
(※携帯電話は、待機中も着信中も電磁波の強さは変わりません)

 

Q.保護フィルムの上からでもコーティングできますか?
A.残念ながら、すでに貼られている保護フィルムの上からの施工は推奨いたしかねます。
理由としましては、表面の構造や素材がフィルムメーカー様により様々で、パワーコーティングが適切に塗布できるか判断できないためです。
PC施工後の画面にフィルムを貼付いただくことは可能です。
電磁波カット&硬度8H皮膜の上に、ご希望のフィルムを貼ることで、効果の向上は期待できます。
(※施工直後は硬度が高まっていないため、施工直後のフィルムの装着は推奨いたしかねます。)

 

Q.結局、パワーコーティングとは何ですか?
A.理論上はカーワックスと同じ手順の施工になります。
そもそもカーワックスとは、車体を油やシリコーン成分の皮膜で覆うことで防汚性や、撥水性、光沢感を高めるものです。
コーティング剤をスマートフォンに適した硬度/電磁波カット/撥水性の向上を加えたもの、それが”パワーコーティング”です。
洗浄 → 塗布 → 乾燥 → 拭上 → 乾燥 の流れをお客様の携帯に施して施工完了となります。

 

Q.携帯キャリアの指定はありますか?
A.キャリアの指定はございません。
どちらのキャリア様でも施工は可能です。
もちろん、施工後の効能もなんら差異はございません。

 

Q.どれくらい傷つかないのですか?
A.鉛筆硬度試験を通して硬度測定を行いました。
その結果”硬度8Hグレード”と認定を受けることができました。
具体的には”硬さ8Hの鉛筆でひっかいても傷つかない”というレベルになります。
なお、耐衝撃に関しては保障できかねますのでご了承ください。

 

Q.水にぬれても大丈夫ですか?
A.パワーコーティングは”画面上の撥水性を高める”という効果になります。
スピーカー部分やマイク部分などには効果はございません。
あくまで”撥水性を高める”商品であり、”完全防水”ではないのでご注意ください。

 

Q.背面には施工してもらえないのですか?
A.あくまでガラス表面上のコーティングになりますので、推奨はしておりません。

 

Q.iPhone6/plusに施工は可能ですか?
A.iPhone6で4.7inch/iPhone6Plusで5.5inchと、どちらの機種もiPhone5s/5cにくらべ、ディスプレイサイズが大きくなりましたが、なんら問題なく施工&使用が可能です。
パワーコーティングであれば、フィルムでは隠せない縁部分までしっかりと強固な皮膜で覆うことが可能です。

電話でお問い合わせ

PAGETOP